こんにちは、肥後歯科口腔外科クリニックです。

当院は開業時より緊急時に対応できるようAED(Automated External Defibrillator:自動体外式除細動器)、血圧・酸素飽和度計測モニター、酸素ボンベといった救急セットを備えています。

先日、スタッフ全員でAEDの講習を受けました。AEDとは、心臓がけいれんし血液を送り出すポンプ機能を失った状態(心室細動)の傷病者に対して、心電図の測定・解析を行ない、必要に応じて電気ショックを与え、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。AEDは自動的に心電図を診断し、電気ショックを与え(除細動)、胸骨圧迫をすることにより正常な心拍を取り戻すことであると言われています。

<なぜAEDが必要なのか?>                                                    心臓は全身に血液を送り出すポンプの役割を果たしているため、心臓が停止したら血液が送り出されなくなります。心臓が停止すると時間の経過とともに、1分間遅れるごとに7~10%ずつ救命率が低下すると言われています。
従って、いかに早く処置を開始するかが救命の鍵となります。突然の心停止の原因のひとつが心室細動です。この心室細動を治療する有力な方法は、電気ショックにより除細動をすることであると言われています。そのため、除細動が必要な心電図波形かどうかを判定し、電気ショックをするAEDが必要なのです。

general_top_new01

general_top_new02

 

万が一、歯科治療中やクリニックの前で急病人が発生した場合に、迅速に対応できる体制を整えておくことは非常に重要と考えています。

IMG_1868 (2)  IMG_3253

 <当院に常備している救急セット>       <AED講習会>